[予約受付] 中川五郎『トーキング烏山神社の椎ノ木ブルース』(アナログピクチャー盤)
598ba539f22a5b644100572c

[予約受付] 中川五郎『トーキング烏山神社の椎ノ木ブルース』(アナログピクチャー盤)

¥3,500 税込

送料についてはこちら

※予約受け付けです。 ※発売日はまだ未定です。決まり次第アナウンスします。 アーティスト:中川五郎 タイトル:トーキング烏山神社の椎ノ木ブルース 品番:C.R.A.C. Recordings CRAC-1701LP(アナログ) 発売日:2017年9月中旬 価格:3500円(税込) ※送料無料 解説:和田靜香 [収録曲] SIDE A - ① トーキング烏山神社の椎ノ木ブルース (17’49”) SIDE B - [BONUS TRACK] ① トーキング烏山神社の椎ノ木ブルース(Live) (18’54”) 1923年9月2日夜、東京府千歳村烏山の甲州街道・大橋場で何が起きたのか。フォーク・ソング の原点であるバラッド(物語歌)に立ち返った中川五郎が、90年後のいま怒りを込めて語り下ろ す驚愕のドキュメンタリー。メディアとしての歌の力が、こんな時代だからこそリスナーを打ちの めす。 ★クラック商店特典ステッカーつき 中川五郎 1949年、大阪生まれ。60年代半ばからアメリカのフォーク・ソングの影響を受けて、曲を作った り歌ったりし始め、68年に「受験生のブルース」や「主婦のブルース」を発表。70年代に入って からは音楽に関する文章や歌詞の対訳などが活動の中心に。90年代に入ってからは小説の執筆や チャールズ・ブコウスキーの小説などさまざまな翻訳も行っている。最新アルバムは2017年1月発 表の2枚組ライブ『どうぞ裸になってください』(コモエスタ CMCA 4007-8)。また、1969年 に発表された初の単独アルバム『終り はじまる』(グリーンウッド CRCL-6069)も、この4月に ボーナス・トラックつきで復刻されたばかり。 プロデュース:野間易通 録音/ミックス/マスタリング:高橋健太郎(Memory Lab) 撮影:安部英知 解説:和田靜香